よく晴れてた朝

ケツリュウを良くされた

  

雲ひとつない青空は

外へ出る背中を押します

気分が爽快です

あの日から

カラダは壮快です

「今日のところは西に発達した

高気圧に覆われ概ね晴れる

でしょう」

よく晴れた日は血流が悪くなり

虚血が増加する傾向が強まります

高気圧ガール」は外に出て

カスリ傷をしても血が出難いです

「この雨を降らせている低気圧ですが

明日以降は発達しながら東へ進む

予想です」

どんよりした日は血流が良くなり

うっ血が増加する傾向が強まります

低気圧ボーイ」は自宅にこもり

集中して長い時間の作業を熟します

それぞれの場所で

それなりに気圧が安定するものなら

問題が少ないのかもしれません

天候は常に変わります

気圧が変わります

ちょっとの変化に

カラダがついて行けなくなります

気圧により血行が右往左往します

順応できる人ばかりではありません

気圧の乱高下は気分を変え

敏感な人にあっては

ひどい不都合の引き金に

なるやもしれません

鈍感な人にあっては

気圧の変化を感覚として捉え難いです

大半のひとがこちらに含まれます

知らないうちに不都合を抱え込みます

そこで

「ケツリュウ」を刺激します

不都合を忘れる人は

ケッコウいらっしゃいます

「天気」は天の気持ち
「天気」は天の気持ち
弱い日差し
弱い日差し
強い日差し
強い日差し

血行は

良い時もあれば悪い時もあります

常に同じでは不自然です

揺れることに

いいことがあるやもしれません

極端な血行不良が問題です

「虚血」と「うっ血」が発生します

見当していますのは

直接生命に関わる臓器部位での

実態を除く

放置してもさほど問題にならない

しかし積み重なれば

長与年に亘り被れば

何らかの障害につながるだろう

後々効いてくる部位での

虚血性とうっ血性です

そこで

不都合を感じた時の

対処の仕方が要諦です

徒手による治療は

ケツリュウを良くする

血流を損なわない

邪魔しない

治療法のひとつです

「虚血」にも「うっ血」にも

有効です

 

カンカン照りに

高気圧ガールが低気圧ボーイを介抱

真っ黒な曇空に

低気圧ボーイが高気圧ガールを介抱

そんなに簡単ではありません

カンカン照りに

高気圧ガールが酷い虫垂炎

決まって少なくありません

消化器外科はゴルフ日和に

てんてこ舞い

真っ黒な曇空に

低気圧ボーイが当所なく徘徊

決まって少なくありません

新聞沙汰にならなくとも

困った輩が出没

どちらも度を越せば

何ともならなくなります

具体的に知覚できます

体の問題発生の引き金

具体的に知覚できない

問題発生の素地作りに

なります

お互い共に

得意とするテリトリー

安定している

只今の居場所から

急に移動し

また

天候の要因のひとつ

気圧中心が急に移動し

憂さ晴らしの事件や

突発的事故が発生 !!

容認できない極端なケース

愚かと言い切れない

切羽詰まって苦痛に耐えられず

自分で自分の生命を断つ

狂った「気分の乱」が起こります

アウト!!アウ!!トアウト!!

チェンジです

断命を

強く願い

存在を危うくします

ここの詳細は少なさ故に

表に出なく

多く語られることはありません

不安定な大気は少なからず

不安定な血流に直結します

どうにもできない不安定な

要素です

過剰反応は人によります

「気圧の乱」は「血流の乱」です

多少気圧が変わろうと

順応できるカラダ作りが

許容できる

適応力が必要です

たとえば

ちまたで流行する

熱中症なるものも

気圧変化による

血流障害が

関与していると推定します

救急搬送される重症者の

共通点を念頭に

突き詰めれば

本当の原因が分かります

大半の人の原因が理解できます

自得が起因しているのでは

ないでしょうか

さまざまな不都合が

血流障害から

始まっているものと考えます

もちろん首も腰もです

気圧に感応する力

気圧変化の影響力

それぞれに個人差があります

問題発生にも個人差がでます

オールドに勝る

ベビー・チャイルド

ボーイ・ガール達は

もともと血流がよく

該当する数は少ないでしょう

徐々に血流が悪くなる

齢を重ねると適応できない

数は増えると見当が付きます

年のせいなのでしょうか

年の所為は血流の所為です

 

オールド 結局

寄る年波にはかなわない

壊れたところが多いオールドは

血流をよくしなければ直らない

治すのは血液です

疲れはて古びたら

血流でリニューアル

多量の血液を回転することで

チャージできます

ヤングは壊れたところがないから

特段血流をよくしなくても

構いません

成長のための血流です

オールドだからこそ

常々血流を良くする工夫が

必要と言えます

オールドは負けない

ヤングなんかに負けない

ノホホントして負けない人は

極一部です

優しい生き方をしていても

克つことは必ずできます

ヤングの血流に負けず劣らず

血流を良くすること

それに尽きます

ただ生きている

生かされている

スパゲティ症候群を望む

望むのは病気です

望まなくても

そうなってしまうだろう

まっしぐらの人がいます

かたや

熟した柿が「ポットン」と

落ちるがごとくに

あともう少し

あともうちょっとが

願いです

思惑自体忘れ

その一点

最高と言えるものは

瞬間老衰瞬間最期を

割り合い圧縮されたものを

少しでも楽なるものを

許されるなら

希望されることでしょう

長短は分かりません

一点は分からない

早いか遅いか

普通によく

動いているから元気なのか

元気だから動いているのか

健康長寿を

目指すのであれば

形はともかく

元気のまま終えようと

望むのであれば

尚更

血流です

ヤングであっても

その血流すら云々言えない

人もいらっしゃいます

オールドであっても

その血流が抜群にグーの

人もいらっしゃいます

このページの表紙背景は

よく御存じの景色

その横を

時速285キロで

通過

200回を越えました

驚くことなかれ

2年間

定刻運行率99%

ラッキーです

気圧の影響で

天候が崩れ

大きく遅延したのは

2回だけでした

ホーム中央の

7号車か11号車を利用

乗車時

JRはその旅客者の

グリーン車両

(8号車9号車10号車)

通行を禁じています

切符購入の制限に掛かり

快適

二回だけ利用しました

3パターンの乗車位置から

車列の最先頭か最後尾への

移動は自由です

西から東へ

東から西へ

列車の進行方向は異なり

気象も違えど

実験です答えは

東海道新幹線「のぞみ」が

同じ定刻発車乗車時

ほぼ同じ時刻

あるところを通過する時

必ず気圧の変化がありました

先頭は高く

後尾は低く

中央付近は変化が少なく

とするなら

高気圧ガールは前へ

低気圧ボーイは後ろ

気圧過敏なひとは中ほど

元気でいられる車輛選択

好ましいと思う乗車位置

思うに先は自由席

がんばって何かやろう

と意気込む旅人の印象

(交感神経優位グループ)

尾はリラックスする

カップルがゆっくりしている

一人旅のゆっくり派が多い印象

(副交感神経優位グループ)

中は勿論お大臣の印象

(自律神経調和グループ)

平日

利用時間帯が大きく関わる

のでしょうか

公式が成り立つ

かは別にして

今後リニアの開通により

その乗車時

この現象は顕著に

洞窟内と洞窟外が

頻繁に繰り返されるルート

だとすれば

余計に表れると予想できます

日本の頭脳は設計上

気圧を考慮している

でしょうから

問題は起こらないものと

信じます

もしもの場合

気圧過敏反応の人は

注意が必要と言えます

 

横移動の次は縦移動です

東京スカイツリー

高速エレベーター

平均時速36キロ

瞬間スピードはもっと速い

350m垂直昇降

気圧変化は確認できませんでした

高気圧ガールも低気圧ボーイも

あこがれナイトビュー

「たぶん大丈夫だろう」

と言えます

これを

上空から眺める

フライトビューは如何なものか

表紙背景

富士山の頂上は気圧が低いです

それよりは気圧が高い地上から

いっぺんに移動

急いで登れば

急変

不都合発生は想像し易いでしょう

輪郭くっきりの月光が東京タワーに注ぐ
輪郭くっきりの月光が東京タワーに注ぐ

 大気の層に

気温が高い

気温が低い

流れが早い

流れが遅い

空気の密度

マダラ

あれば気圧

の高い低い

が出来ます

   

 

医療は稲妻のように強い刺激ζ

 ζ ここは

良く効く両刃の剣を      

交感神経過多を中和する様な

副交感神経優位に加担する側です

医療は二律背反

処方のすべてではありませんが

その多くは結果的に

交感神経優位の側に振り

血流を悪くして

不都合を改善します

良く効く為には

やむを得ないことです

または

改善の引き換えに

血流が悪くなります

見返りの代償は

小さくありません

良い悪いではなく

手法の宿命です

限られた一部の方

宿命に起因し効きすぎる人

宿命に起因して効かない人

新たな不都合に関与します

どちらも急激な変化に

対応できない

処方による生体反応の

主に血流の乱高下に

付いて行けない

体質に関係があるもの

と考えます

もたいなくも

最高の医学を享受できません

大半の人が反応できる効果

結果に及びません

極々僅かな人には致命的です

少なさ故に

問題はありません

正当行為

その意味で完璧です

35億を一本に束ねる

このれができないのと同じ

何何何本は抜け落ちます

合う合わないの範疇です

一方

民間療法は

ベクトルが違います

穴が大きい手術より

小さい方が良いように

肉体的負担が少ないです

その観点で

穴がないのは

負担ゼロです

ここは穴を開けることが

ありません

穴を開けるには資格が

必要です

だから

負担が無いに近いです

すべてではありません

痛い嫌や刺激にたいして

血流でもって押し返そうする

副交感神経反射があります

その生体反応を利用し

血流を良くして不都合を

改善しようとする

試みです

侵襲行為のない

優しい治療法です

だから効きが悪いです

法的内

「穏やか」タイプです

これも手法の宿命と考えます

実際

それしかできません

存在意義です

様々な療法があります

科学的実証の少なさ故に

しばしば問題視され

違法でなくとも

淘汰されます

その中に於いても

すり抜ける

ニセの実証が蔓延しています

科学が本気で相手にすれば

一網打尽です

本気で相手にされないから

野放しです

本物にめぐりあえればラッキーです

合う合わないは同じです

見つけて頂き

存在を理解して

応援を受け

結果を出すものも

少なからずあります

狭く小さな支持を得ることに

なります

主流になることはありません

貢献できる役割が異なります

前者は急性が得意です

そのまま救命です

広い意味で延命です

後者は慢性が得意となります

生命の満足度を上げます

土俵が違います

場合によっては

急性か慢性の垣根が複雑で

区分け判断に迷います

お互いの土俵が広くなります

混沌とした状況では

一概に言えません

顕著な例があります

 線維筋痛症 」です

最初から最期まで

慢性です

交感神経刺激を常時受ける

急性で対応の場合

三分の一

33%は

悲惨な状態に陥ります

重症に陥った時

その場しのぎで

対処すれば

明日の光明が見え難いです

誤解を恐れます

その場しのぎが悪い分け

ではありません

重症に陥った時

その場しのぎで

対処しなければ

アウトです

正しく救命が必要です

継続してしのぎ

問題がなければ

仮に終結しなくとも

大きな障害にならなければ

生涯続けることに異議は

ありません

乗り切り

しのぎきることができれば

それしかないのであれば

尚更です

顕著な不都合が

度々あるにしろ

十分に価値があります

広い意味でも救命になります

悪意なく表現すれば

天井からチューブが垂れ下がる

老いの住処となる可能性が

増えるだろうとの認識です

「自力で死にたい」からは

遠ざかります

覚悟が必要です

どうしても命を存えたいとする

重要な選択です

分岐点です

最期の覚悟は同じ

ここでは

血流を良くする処方を施します

その不都合を明々後日には

忘れることができます

満足されます

その変化を自覚他覚できます

正しくは

治療が機能するまでに

時間が必要です

回復を誘発する

タイミングは

人によると考えます

結果は象徴的

その変化は

画期的と言えます

とても衝撃的です

次調査で介護認定5から2に

ランクダウンするようなもの

自立レベルが向上し

やがて時間を追って1です

上手くいけば

要支援までも

外れる可能性があります

尊厳を追いかけます

それは先の気圧の変化に対しても

ブレルことはありません

後に記載されます

ストレス解放が前提となります

同時多発的に不都合が現れた時

真っ向勝負を挑めば

前者は困窮します

イメージとして

モグラ叩きのターゲットが

突然

ひとつの穴から

各々

矢継ぎ早に

飛び出して来るのではなく

火を噴いて

一挙に

全て出るようなものです

関係者は火消に

奔走することになります

初期消火の理論で

一遍に炎上を抑え込もうとすれば

一旦鎮火に見えて

一朝一夕です

ターゲットに逃げ切られ

くすぶりながら

静かに益々燃え盛り

反動も手伝って

炎上を繰り返し

鎮めることが出来ません

このゲームの

終わり方の記憶がありません

動力が無くなって終了

その時間内での

ポイントを競う

もしくは

全て叩き終えたら終了

その時間で争う

定かでありません

永遠に続き

チャレンジャーが

潰れるまでの

マシーンだったか

同様に

実際は

一つずつ少しづつ

永遠に叩き続け

やがて疲弊し

当事者は破綻することでしょう

突然爆発万事休す

アウトです

結局諦めることになります

ダメージは本人に止まりません

その負担は

周囲も一変する

危険を孕みます

とても理解できない

疾患の理解が不足し

影響力が拡大します

味方の数にもよります

破綻は時間の問題です

関係者による

治療を突き詰めれば

血流に対して

ネガティブかポジティブか

どちらで結果を求めるか

時間の勝負です

期待できる味方はどちらか

その局面

ここは後者で答えを出します

「雨降って地固まる」

ζ その後の雨により

モグラの火炎は鎮火

どん底を

とにかく乗り越えてください

当事者による

バサバサになった土も固まります

ストレスが

血流をだめにする

不安と悩み

ストレスが

病の最大の原因です

簡単に

取り除くことができない

強烈で

余りにも深いものです

ストレスは

交感神経を刺激します

交感神経過多になれば

血管が縮小

余りに無理をすると

血管収縮によって

血流障害が

起こります

単純に言えば

流量が減ります

特異な器質障害を除けば

病の多くは大半

何かが故障して誤作動をした

とする原因より

 

流量が減る

ことによる

機能の低下

 

機能抑制が

原因と考える方が

理に適っている

のではないでしょうか

具体的には

虚血状態で

体温が下がります

楽しすぎても

代謝が抑制されて低体温

鬱血状態です

万病は冷えから始まります

発症前に

複雑な話があります

やむにやまれない

拠ん所ない状況が

垣間見られます

ここでは

聞き取る全てに当たります

病から離脱するには

血流回復が必須です

次につなげられるよう

ストレス解放は

快方への第一歩です

見えないところで

次なるストレスが始まります

まとめ3k.S !!     

iatu●気圧のストレス

usuri●薬のストレス

okoro●心のストレス

どのように対応をするかです

それらが

KETURYUU血流の最大

tress!! ストレスです

kkk 

↓↓↓ 

 

↓  

S  

3k.S‥‥代表的な

ミトコンドリア抑制

(平熱降下)

石油製品

抗生物質・抗がん剤・向精神薬.ステロイド

と頭文字が同じです

初期から最後まで困った

サインは部位に表れます

特に不快感を優に超えた

痛みと痒みが身体不都合

この二つに集約できます

抑えないことが道理です

原因を知り取り除きます

唯一恩恵がある治療です

万一原因不明だとしても

「流れ」に期すことです

抑えられたものを尚更に

抑え付けたら溜まる一方

やがて爆発目に見えます

理屈と現実がマッチです

「治療の優劣を決める」

治療前後のカラダの使い方は

シンメトリーが良く

対して治療が

シンメトリーでは

身体の何処が

どうなっているのか

分かっていない

よって改善する

ノウハウが無い

と言わざるを得ません

シンメトリーが崩れている

身体に

調和のある治療を行えば

調節ができず整いません

最短で正確に

白黒を付けるには

ポイントの修正が

必須と考えます

調律と矯正は

同意です

ここに矛盾があります

部分の修正

全部の修正

どちらなのか

それはどこの血流を

良くするのかに

つながります

それは

狭窄した部分です

首・手首

腰(ウエストのくびれ)

足首・肘と膝

尚付け加えるなら

手指先と足指先です

そこに

虚血かうっ血

血流のマダラができます

ここばかりでなくとも

ここに集中すれば

同調して

他のマダラを

虚血とうっ血の分布が

少なくなり

無くなるものと

考えます

『一中全有 

全中全無』

です

恐らく

ある中国人医師が述べる

背中ではないと思います

面であり

絞りがありません

実際検知できる

ものではありません

抽象的イメージです

全部に効くことを施せば

全部には効かない

一部に効くことを施せば

全部に効きます

ターゲットは

くびればかりある臓器です

 これが治療のコア  

シンプルな図です  

  シンメトリーです  

入 口     

      

→ → 循 環 ← ← 

↑   ↓↓↓↓↓   ↑

↑  ‥‥‥‥‥‥‥  ↑

↑  …‥‥●‥‥…  ↑

↑  ↓    ↓  ↑

←←      →→ 

      

出 口     

解説が必要です      

ダイソン空調システム

のようです

単純と高性能は同じです

理屈に適います

構図は

生体反応にも当てはまります

より静かでより巧みです

ポイントは

入口と出口の開閉を

ある程度

自分で出来る

ところにあります

そして出入口は

ボデイのすべてで生り得ます

モノと違い生きていますから

承知の上で循環を良くします

勿論同時が効率のよい姿です

ここの手順は

循環が先

その後に出入り口です

同じ手法で

「 多発性関節炎 」も

顕著な例になると思います

繰り返します

一般には通用しない

急性対応「止血の医学」

慢性対応「血流の民間」

「戦争の医学と祖母の智恵」

遺伝子から来る対処法の

大まか独自セオリーです

現代医学としての最高峰

血流バイパス手術は例外

です命あっての血流です

不都合を沈黙させる

意外と簡単な操作が

離脱のスイッチとなります

課題が無い分けではありません

オンに漕ぎ着けるまでを

如何に縮めるか

また

オンのままでは

完了ではありません

必ずオフにします

このオフ工程は勇気が要ります

対応の割り合いを

徐々に動かします

戻していきます

良い頃合いを見つけ

そこでストップします

中々根気のいる工程です

このように

スイッチを途中まで戻します

これもまた特殊ではない

要領が必要です

けっして不確かな

微妙なレシピは

同じく必要ありません

簡単な操作です

単純

決まりごと

決め事です

習慣となります

このように

完結までの道程には

幾つかのハードルが

あります

抜け出すには2つのパターンがあります

「高気圧型」痛み→ハーフ痛み→ゼロ

「低気圧型」痛み→ゼロ→痒み→ゼロ

不都合が移行します

結果的に二段階です

「不都合を加速させる

パンドラのフタを

開けない」

穴を開けません

医療行為をしない

それぞれ

planA

planB

の対応です

その内用を

具体性のない表記に

止めます

エビデンスはありません

想定の

メカニズムは提示できます

その通りに成ります

『百聞は一見に如かず』

言葉は消えます

『論をまたない』

論より証拠です

多少ぶっ飛んだ内容です

自信がある振りは

何とでもできます

権威を振りかざし

ルーツを暴き立て

完全否定する

または

振りかざすものが無く

お得感を煽り

耳障りの良いワードを

書き並べる

実はどうなんでしょう

ここがどうか

ここも似たり寄ったりかも

しれません

所詮は既存の治療の

巧みな組み合わせです

発見したものなどは

何もありません

合せの妙です

つべこべの人は除きます

論点の根拠を

正しく提示できない以上

評価できますのは当事者

ご本人様唯一です

試して頂ければ

結果が求められます

このノウハウを

難の何にでもと

捉えてはいません

線維筋痛症専門と

考えます

    「一方通行と自家製」

入るものが入り

出るものが出る

必要なものは

内部で体が作りだす

ごく普通に自然なこと

適わぬ不都合な場合は

強制的に出して入れて

必要なものを持ち込む

それぞれ難儀なことに

「閉じたカラダ」

不都合から遠のくには

血流を良くしていることが

唯一ではないでしょうか

最善の状態管理です

毛細血管の多い臓器

じん臓です

血流が悪くなれば

真っ先にダメージを

被ります

  呼吸 18000回/日(4.8秒 に1回

◇◇両肺でガス交換し酸素を供給 

(外に吐く息は炭酸ガスだらけ) 

▽△▽全身の細胞でガス交換  

(肺に行く血は炭酸ガスだらけ) 

       ループ   ↓ 

↓   循 環   ↓ 

↓  ケツリュウ  ↓ 

 全身から       

       両肺から

  上大静脈    ↓  

  下大静脈   肺静脈 

       ↑    

      ↑  

    ↓   ↑    

   三尖弁  ↑ 僧房弁 

       ↑    

    右○室   室 

    ↓     ↓  

  肺動脈弁  ↑ 大動脈弁

    ↓     ↓  

   肺動脈   大動脈 

    ↓     ↓  

   両肺へ →・ 全身へ 

↑           ↓  

   ・  ← ← ← ←・  

↑         

on beat100,000km/60s 安静時

左心室体積70cc × 心拍70回/分=5L

還流する全血は成人5リットル

その内容物を問うのは医療です

よって

僭越

になります

閉じたカラダの

血流を良くすることで

血液一部の

構成割合を

可変できる

とする仮説があります

その多くは

実際に納得できる範囲で

可能です

自ずとコントロールができる

のであれば

その恩恵は

少なくないとされた

理論展開です

ココでの治療は図星とし

すべて則ったものです

得心して頂けるものと考えます

気持ちいいところで止める

酸素・熱・放射線

でないと突然死

することになります

掌に氣のボールを包み込むイメージ
掌に氣のボールを包み込むイメージ

「チー」ではありません

見えない氣を

QI(クィ)と表記しました

怪しくはない気功と違います

本物

その能力はありません

使うことができません

ここで使うものは

誰もが持つ氣です

これは理屈ではありません

無意味でもありません

実際アタタカク感じます

ふわっとした

見えないボールを持ちます

それだけで良いと思っています

「妙」です

見えないボールを

強い刺激で掴もうとしても

捉えられません

ただあると思い

ふわっとした感じで

限りなく徐々に詰めていけば

捉えられます

ここでの

全てに生かされています

高気圧ボーイの夕
高気圧ボーイの夕
低気圧ガールの夜
低気圧ガールの夜

大病の始まりは血流から

首痛腰痛も血流障害から

どちらにしろ流れを良く

することは治療にプラス

高気圧ボーイは病に近く

発症から離脱が特に大変

低気圧ガールは病に遠く

発症から離脱が割と簡単

虚弱小児は長生きが多く

健康優良児は短命が多い

一概に言えぬことは無論

時間は待ってくれません

そして    

200まで生きる人いない

「 田中整体の特徴 」

線維筋痛症に適応します

 

JR大垣駅から徒歩15分

岐阜県大垣市本町にある

田中整体は

血流改善技術を積極的に

導入する民間治療者です

副交感神経反射を利用した

治療法を取り入れていて

従来は対応できなかった

慢性に

順応できるようになりました

より自然な生体反応を考慮した

治療を行っています

ただ首を腰だけを

症状のみ軽減する施術ではなく

「原因→結果」に目を向け

お体の全体を総合的に考えた

治療です

●こんな施術を行います

中国の医療マッサージがベース

注目施術法のいいとこ取りをし

要らない治療を省き質素にした

『混沌治療』で結果を出します

マッサージは「休養効果」です

初めての方も

ご紹介された方と

同じ治療を繰り返すことで

良くなる患いの原因は

血管の痞え

     (ツカえ)

血流が渋るところ滞るところ

血が多いか少ないかで起き

改善し続ける

体の隅々まで血流を旺盛にし

マダラのない安定した血流を

クセ付けすることは

有効と考えます

●治療で目指すもの

あらゆる疾患は原因不明の場合

明確に特定できない時

「何らかの原因で」

「様々な要因で」とされます

それは

『血流障害で』

「血のめぐりが悪いことで」

と置き換えることができます

それほど病は単純ではなく

原因は多岐複合です

コレと特定するのは困難です

大きなものの共通する

キーワードを血流と

考えれば糸口が見つかるのでは

ないでしょうか

教科書通りに行かない時には

振り返る必要があるのではと

考えます

内臓や神経を包んでいる

ボデーがおかしくなると

インサイドも変調をきたす

性質があります

ボデーに手をかけることは

重要と考えます

ボデーに手をかけ

自律神経を刺激し

インサイドの血流を整えます

血流を整えることは

液体にしろ固形にしろ

体内の不要なものを

排出し易くなると考えます

俗に言えば

カラダをキレイにします

●治療の目的

体を整えるのが目的です

部分のみ少しだけ治療は

出来ません全身満遍なく

とも異なりポイントだけ

を行えば全部に通じます

治療目的が部分の場合に

行うのは部分であっても

部分だけの治療ではなく

部分部分に繋がりがあり

すべてを整える治療です

全体治療のみの設定です

症状を抑え移すこと

治ることは違います

幻惑されないことが

必要です承知の末で

有るのならば選択は

ご自由で構いません

悩むことありません

ダライラマ14世曰く

『やむを得ない場合が 

あります選択肢ない

なら仕方ありません

悩むことありません

選択肢があるのなら

悩むことありません

集中すれば解決する

可能性があります悩

むことはどちらにし

 ても良くありません』

現代科学にも

いろいろな治療法があります

技術は日々進化し

解らないことが明らかに

大発見の連続です

時に定説も覆ります

      (クツガエり)

流行は多分に人為的です

結果が付いてくる

勢いを見出して

どれが良いか悪いかではなく

自分にどれが合っているのか

じっくりと見極めて

実際にやってみることです

大事なお体のことを

他人任せにはしない

良さそうと思われる対応策を

自身で選択することです

いろいろな意見に耳を傾けて

じっくりと対応することです

何かあった時は標準的治療を

頼るのが妥当です

人によっては

結果が出難い場合があります

匙を投げられる時もあります

ご自分で匙を投げることも

あるでしょう

症状軽減ばかり追い求めると

本筋を見失うかもしれません

いつまでたっても

根本的な原因に辿りつきません

原因不明のままでは

根本的な対応が

なされません

・・

学位は持ちません

からだに関すること

「良くなれば良い」

と思います

形より実を取ります

『形捨実取』です

 (ケイシャジッシュ/造語)

病を通過し元に戻ることを

願ってやみません

ここは物品販売を

基本致しておりません

推奨するものを明かします

ご自分で判断しご購入下さい

またはお時間を頂ければ

仕入価格にて

お渡し致します

「 治 療 室 内 」

----------------------------

ご来室の際は

必ず事前にお電話で

ご来室時間をお約束の上

お気軽にお越し下さいませ

---------------------------

■治療室の利用料金(内税)自費

治療代 一般 ¥10,000-

【当顧客様ご紹介で来室の方】

初回¥7,000-

  次回¥6,000-です

お約束の時間にお待ち致します

★ 特典セール

回数券 [2回分¥10,000-]

次回以降購入可 当日使用可

[有効期限3か月]※ 譲渡可

初回[加算¥1,000-]流用可

「復活キャンペーン2018年」※

期限切れ回数券をお持ちの方は

6月までにお使い切りください

↑↑ご購入時に記載した期限

延長させてます(期限切れ

回数券の払い戻しは致しません

延長期日の変更ご注意下さい)

「 治 療 室 外 」

----------------

治療デリバリー

ポータブル整体

----------------

【複数名の施術】

信頼関係が必須です

 

■交通費込利用料金(内税)自費

 

  遠方へ終日…《治療室は休室

公共交通機関を使い片道3時間

治療代 均一 ¥10,000-

【8名までの一人の料金】

10時から18時まで

定期的目安

月間1日平均5名で承ります

その他一所 一往¥50,000-

【内訳】

確定交通費2万円

確定治療費3万円

同一場所にて連続

最大7名賄えます

詳細はご相談させて頂きます

 お約束の当日に出向きます

 

 

 近辺へ時間…《治療室は空室

車(有料道) を使い 片道1時間

治療代 1名 ¥10,000-

【人数】【総額】【個別金額】

2名 ¥15,000- ¥7,500-

3名 ¥20,000- ¥6,667-

4名 ¥25,000- ¥6,250-

5名 ¥30,000- ¥6,000-

条件該当外はご相談ください

お約束の時間に出向きます

 

共に連続治療とさせて頂きます

予定人数とメンバー名を

事前にお知らせ下さい

お伺い致します

貸切

出張期間 (開始と終了の時期)

治療の信頼を見出したら開始

治療の結果を見出せたら終了

頃合いを独自に見計らいます

「 所 在 地 」

郵便番号 503-0885 

岐阜県 大垣市本町2-53

       (小林ビル)

サンクチュアリOgaki 403

夜間照明
夜間照明

間風景→

ビル前の

化粧品販売

POLA本町

左〈ビル〉右
左〈ビル〉右

←北正面南→


歩きの場合

 JR大垣駅 南口から

南へ800m〈 駅通り 〉

白い17階建てビルの

大垣共立銀行本店左手にある

信号交差点[郭町]を東へ200m

‥‥‥‥‥(左へ信号ひとつ目)

信号交差点[本町2]を南に入る

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥(右へ)

ゆっくり【15分です】

 

 

お車の場合  

 名神高速 大垣ICから

北に5km〈国道258号線〉

市街地方面へ左手に

中部電力大垣営業所がある

〈県道237号線〉

信号交差点[旭町]を西へ0.5km

‥‥‥‥‥(左へ信号ふたつ目)

信号交差点[本町2]を南に入る

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥(左へ)

すばやく【15分です】

 

 

それぞれ 

【歩き】【車で】共に

‥‥‥‥‥‥‥(南に入り20m)

すぐ左手すぐです

治療室を示す看板がありません

『 白と黒の7階建てビル 』

ビルの前に 蔵があり

入口は

蔵の右側 スロープを上がり

(5cm×20cmの店名プレート有)

奥の エレベーターで4階へ

     403号室です

 

駐車場はビルに接した南

間口狭い所そのまま奥へ

青空場内の前から7枠目

下に煉瓦が一つ置かれ

コンクリートブロックに

氏名の記載があります

スペース1台分だけです

【京屋呉服店 月極駐車場

自転車・オートバイ等も

こちらにお願い致します

【タクシー】JR大垣駅 南口

から 約10分¥700 程です

 

【コンビニ】ここの西100m

「セブン-イレブン」があります

ここ

大垣城の南東400m徒歩10分

市街地ほぼ中心に位置します

 

【所在位置イメージ図】

         東→

  

--------------------R21----

アウォーク」     l 

JR 大垣駅(名古屋→

東海道本線■■■■■l■

          l

「大垣城」     l

大垣共立銀行   ここ 

   本店「7」 

           

JR東海道新幹線■■■■■

           

--名神高速道路------大垣IC-

←大阪)(東京→    l 

           R258

           

西        ・・

~~~~~~~~~~~~~~

大垣駅

1km

ここ

大阪200km400km東京

50km

名古屋

在来線東海道本線で名古屋駅

から下り快速32分¥760大垣駅

です1時間に数本運行されます

ナビに電話番号を入力で表示

名古屋インターから1時間です

(大垣インターからは15分です)

「 連 絡 先 」

お電話

呼び出しコール 10回 (30秒)

お待ちください応答ない時は

間を置かれましてお掛け直し

願います

☆☆☆☆☆☆☆

★留守電に !! 

出張中は電話に

 出られません

  必ず録音を

「初めての方は

  ご紹介者の

  お名前も」

 お残し下さい

翌日まで返答を

お待ち下さい

☆☆☆☆☆☆☆

受付

電話番号

0584

73

5761

営業時間

午前9時

から

午後7時


休業日の基本は毎週水曜日

近年の遠方出張に伴い

不定休となりました

entry 2016 2017 2018

顧客治療カードにご記入の

既に登録済み電話番号から

発信されますとスムーズに

つながります休室空室

出張中は電話にでることを

ひかえます『しばらくして

留守電に切り替わります』

必ず録音をお残し願います

FAXはありません

ご予約日時以外の電話内容は

長くなる傾向にあります

顧客様に限り

お互いの空き時間を見計らい

時間を指定させて頂きます

簡潔に携帯電話へ

お掛け直し下さい

データなど画像は

PCに送信下さい

お名前と居住地を

お書きください

(すぐに閲覧できません)

携帯電話番号・アドレスなど

端末情報は改めて個々人様に

お伝えさせて頂きます

ご案内の際は

辻褄の合う本人確認を願います

携帯メールでの予約を承ります

極力即返信に務めます

「 備 考 ◆ 」

 ◆治療時間について

基本進行終了40分 個体差で

正味20分や80分もあります

一律の時間対価と異なります

  

◆出張費用について

大まかな交通費など割り勘で

治療費に上乗せして頂きます

序での相互扶助で成立します

◆レシートについて

毎回終了後または12月か1月

医療費控除のために領収証を

発行しますお申し付け下さい

●最後に

原因存在(慢性疾患)

自然不良(老化現象)

治療不良(精度欠如)

難治傾向(見当相異)

未解決の状態に対し

整体・頭寒足熱にて

自然良能を求めます

深い睡眠ができなくなったから

患いから離脱ができ難くなった

のです休養ぐっすりは大切です

整体創始者は観察に長けていま

した元気な人と比較して動きと

背骨の変化を追った先生でした

おそらく寝入った時の動きも追

ったに違いありません深い眠り

は自身を整体している様なもの

その動きを操法のヒントとして

取り入れていたと推察できます

全力活動し深い睡眠を得る事が

有効な治療です寝相は大切です

理想の本筋「死んだ様に眠る」

翌朝に起きることを前提として

時間の長短でなく質が問題です

そんな健康を目指しております

近年お客様に

「信念・自信・希望」の力を

感じ取ることができました

その

輝く事象に対する興味を

変わらずに

抱くことができました

まだまだ

感性を失くしていません

「理想を失くすな」と

目の前の曇りを

取り払われているようです

●自力

昭和51年鬼籍に入られました

先の整体創始者

と言うより治療統合者に近い

かもしれません

検証して良いとこ取りをして

進化して行きました

信者には治療の効果に

楽に死ねるとの記述があります

理解に苦しむところです

考察しました

血流が良くなることが

関与しているのではないか

それを裏付ける記載は

ありません

直観でそのように考えます

この道に取り組んだ思いが

ここにあります

40年前

その答えを聞くことは

できません

経験のその後に

問い合わせが出来かねます

恐らくは寿命

「自力で死す」

 老衰

 餓死でない栄養失調

 突然死

 …広い意味で結果的に自力

  血管乖離・血管破裂など

  時限爆弾的及び原因不明

 老化による癌

 治療しない治療できない

 …結果的に手遅れ

 疫病

 人為的でなければ

 感受性としてこちらの

 カテゴリーに入れました

「他力で死す」

 自力で死す以外のすべて 

 自殺

 …選択意思は自力としても

  外力が必要の場合が多い

 事件・事故

 治療中の治療死

 …術中死・薬物中毒・副作用 

 天災…天変地異・急激な変化

 意図しない餓死・戦争 

●名著

を紹介します

サイエンスライター

ENTAROU ATO

            

健康になれない

  健康商品

なぜニセ情報はなくならないのか

        佐藤健太郎

         (春秋社)

その他に

「医薬品クライシス」

 (新潮新書)

「炭素文明論」

 (新潮選書)

ゼロリスク社会の罠」

 (光文社新書)

「世界史を変えた薬」

 (講談社現代新書)

 素晴らしい

 主要5作品の1冊

 氏の著作から抜粋します

P.99 L.6~L.9 をそのまま

リライトさせて頂きました

しかし、多くの問題において、

一発ですべてが好転するような

特効薬はありません。きちんと

した知識の下、きめこまやかに

手当をしていくのが、結局は上

策です。シンプルかつ万能のう

まい話に飛びつきたくなるのは

人情ですが、それは思わぬ罠で

ある可能性もあります。「現実

の問題は複雑であること」を受

け入れるのが、正しい解決の第

一歩といえるでしょう。

ニセ科学には感動がある‥‥

「一発逆転」は甘い罠!?

とあります

一発ですべてが・・・

特効薬はありません・

きちんとした知識・・・

きめ細やかに手当・・・

万能のうまい話・・・

一字一句のすべてが

正しくその通りです

同感です

「自然の力」で退治してくれる

というのは絵空事です

但し「シンプルにして意外性と

ストーリー性がある」話が実際

起きます極稀に

次も絶対できるとは言えません

問題の複雑さによります

●好転反応

などはありません

病はその中核

膿が飽和状態になった後

疾患の症状が認知できます

その治療に際しての反応は

大きく隠れていた膿が

本格的に表面化し

でできたに過ぎません

治療が良好に表面化するのは

膿が出尽くして

折り返し点を過ぎてからの

ことです

膿が溜まっている時が

病の始まりです

患う時間

膿が出ている時間

それと同等の時間が

治るのに必要です

それは

膿を出し切った後のことです

折り返し時点どん底から

反転して

好転に向かいます

その時期の特定は困難です

知らぬ間の通過点です

膿が出ている時は

折り返し前

良好の効果は見え難いです

辛抱と理解が必要です

ファイトです

 

 

 

  2018/06/20